大手飲食店でのアルバイトで仕事に慣れるまで

大手であるほど仕事はしやすい

飲食店の中には日本全国、あるいは世界中にお店を出しているところも珍しくありません。そうしたところでもアルバイトは募集しており、学生やフリーター、主婦など様々な層を雇用しているのですが、ほとんどの場合は未経験でも可能となっています。というのも、飲食店は大手であるほどマニュアル化が進んでおり、誰でも気軽に働くことができるような環境を整えている為です。マニュアル化が進んでいるということは、作業は覚えやすく、簡単であるともいえます。

とりあえずマニュアルを覚えるところから始める

どんな作業をするにも、とりあえずマニュアルを覚えるところから始まります。時に臨機応変に対応しなければならない場合もあり、そうした場面も珍しくはないのですが、ほとんどの場合がマニュアルの応用であったりします。そのために、最初にマニュアルを知識として頭に蓄え、実際に作業をしていく内に慣れていき、結果的に応用ができるようになるのです。マニュアルは飲食店が膨大な情報の中から最良の選択肢を吟味した結果できたものなので、教科書としてこれ以上のものはありません。

マニュアルを覚えるだけではダメ

マニュアルを覚えて一通りの作業もできるようになり、慣れてきたらそれで終わりというわけではありません。日々の業務の中で、マニュアルにはない業務が発生することも珍しくはなく、そうした場面に対応していかなければならないためです。そのためには、日々の経験を振り返り、最良と思われる対応をしなければなりません。つまりは日々の行動の中に、あるいはバイト仲間がとった行動の中に答えがあるので、日ごろから学ぶ姿勢をとり続ける必要があるのです。

将来のために調理の経験を積んでいきたい場合には、飲食店の求人を利用して、調理スタッフとして働く方法があります。

続きを読む

不要なサービスは見直そう!軽度の要介護者にはデイサービスがむかないことも

軽度の要介護者が満足できるデイサービスはあるのか

脳梗塞で倒れたあと、身体の一部のにマヒが残ることもありますよね。比較的症状が軽く要介護1でも入浴介助が必要ということで、入浴目的でデイサービスを利用している人も多いでしょう。しかし、そもそも要介護度が軽い、比較的しっかりとした高齢者というのは、デイサービスではつまらなく、退屈な場所となりがちで、特にかつてそれなりの社会的地位で働いていた男性にはストレスがたまりやすい空間になっています。一人で新聞を読んだり、ソファーで居眠りをしたりしているだけの人も多いのですよ。

リフォームを検討してみよう

単純にデイサービスに通う理由が入浴目的で、本人があまり望んでいないようであれば、デイサービスに通うのはやめて、自宅の浴室をリフォームしてみましょう。要介護1程度であれば、手すりの取り付けや段差の解消、すべらない床材に変更するという少しの手を加える程度で対応できますよ。費用については介護保険の助成制度を利用すれば、条件を満たしていると20万円までは費用の1割負担で改修することが可能ですので、不足分は介護ローンなどをつかってもいいでしょう。

もったいない精神で不要なサービスを使わない

介護度の軽い人の中には利用限度額分は使わなければもったいないという感覚で本来、必要ない不要なサービスをなんとなく利用している人が結構多くいます。これはさながらバーゲンで必要ない商品まで大量に買い込んでしまう行動と同じですね。当たり前ですが、介護認定を受けていても介護保険サービスを一切使わなくてもいいのです。リフォームの支出はワンショットのリスクになりますが、いつまで続くかわからないデイサービス等のフローのリスクをワンショットリスクに移行させることで中長期的な介護費用の減算となります。

介護の派遣は、自分の都合に合わせて働くことができますから、正社員で働くよりも時間に余裕ができて、働きながらプライベートを優先することができます。

詳しくはこちらのサイトでチェック

続きを読む