日本での美容師のたどった歴史!!伝統技能とその進展

髪型の移り変わり&カリスマ美容師

髪型を整えるというのが美容師の仕事ですよね。中にはカリスマ美容師と呼ばれ大きな人気を博している方もいます。こうした、美容師が行う髪型の流行は日々移り変わり、変化しています。そのため、雑誌で多くの髪形が取り上げられ、どんな髪型がいいのか、どんな髪型にするべきか、そんな特集がなされている等、髪型に対して人々が傾ける情熱はバカに出来た物ではありません。流行に対して敏感な日本人は特にそうした事に敏感といえるでしょう。

ちょんまげ!!日本の伝統

日本の髪形として、真っ先に浮かぶのはちょんまげでしょう。見るからに不思議なこの髪形は、貴族が冠を被る際や、武士が兜をつける場合に、蒸れる事が無いように開発されたそうですよ。ではその名前はどこから来たのかというと、その形からとったそうです。江戸時代においては礼儀にかなった髪形として多くの武士が、この髪形だったのですが、明治時代になると断髪令が出されたせいもあって、この日本伝統の髪形は徐々にその姿を消していくこととなります。

伝統とそれに抗う時代の流れ!!美容師の始まりとは

美容師を開業するには国家の資格が必要となる専門職です。日本において、この技術を教授する事と成ったのは、髪結い、今の芸者の髪形を当時整える事を生業としていた人の技術から始まっています。そんな伝統技能に西洋医学的な視点を加えられ、日本の美容師教育ははじまる事と成り、順調に美容師を育成する学校は増えていったのです。そんな中で注目するべきは、この美容師という職が女性が社会進出を行う上で、重要な役割を果たしたことでしょう。日本の伝統的な価値観に男は仕事、女は家事を行うという物がありますが、美容師という職は伝統を受け継ぎながらも、伝統から脱却するためにも活動を行っていたと聞くと感慨深いものがありますよね。

美容師の求人は現在では非常に多くあります。美容師として働く事が出来る場所は限られていますが、現在では美容師という職業は不足している傾向がありますので、多くの美容室で求人が出ています。そのため、多くの求人を見つける事が出来ます。

もっと詳しく調べる
他の記事も読む

続きを読む

こりゃやるしかないでしょ!オススメの飲食店バイト

チェーンではなく個人経営が穴場??

単純に、チェーン店はマニュアルやルールがしっかりと決まっていてそこから外れたことをしてしまうと罰せられる可能性が強い、という観点から個人経営のお店をオススメしています。個人経営のお店・・・つまりは店長さんイコール社長のパターンが多いわけですよね?すると店長さんと仲良くなれば割と色々融通が利く、ということです。飲食店の場合は、賄い飯がちょっとゴージャスに出来ちゃったり(一品増やしちゃうとか)、休憩中にも交渉の余地が多岐にわたりあるのではなかろうか、と。

お菓子屋さんも穴場??

飲食のカテゴリーにかろうじて入るであろうお菓子屋さん、ケーキ屋さん、パン屋さん、この辺りも狙い目ではないでしょうか?筆者にも経験があるのですが、自分の場合はおせんべいなどを扱う和菓子屋さんでしたが、賞味期限がそこそこ危険になると「持って帰りなさい」と大量のおせんべいや最中を持たされたものでした。ちなみに、店長さんとは仲良しでした(笑) 休憩中にも待遇が良かったのを覚えています、つまめるお菓子の意味合いで。

お総菜屋さん、お弁当屋さんも・・・

もう一度言います、「個人経営のお店」がおススメの対象です(笑)やはりこれがまた、その日の売れ残ってしまったお弁当屋お惣菜はよっぽどでなければその日のうちに処分してしまいます。なのでお店の閉店まで仕事をしていた場合、店長さんから「これ持ってきな!」と数個のお弁当をまんま頂いてしまうこともあるようです。実際にこの経験もしたことがありますが、これが一番家族にも喜ばれたバイト土産だったような気がします。食べ物は何にしても購入するわけですから、頂いてしまったりちょっとオマケして頂くと特に貧乏学生時代であればこの上なくありがたい話ですよね!・・・ショボいネタで失礼いたしました。参考になりましたでしょうか(笑)

飲食での求人は求人サイトに掲載をすると効果的に募集ができます。その際制服や店の雰囲気がわかるようにさまざまな写真を掲載することで応募人数が増えるため働いてほしい人材を多くの中から選ぶことができるでしょう。

続きを読む